ねずみ駆除効果

 

ネズミは硬い物を齧る習性があるため、食べ物だけではなく家や家具が傷ついたり、配線などを齧ってしまい電気設備を故障させて火事の原因となってしまうこともあります。また、糞や尿は屋内などを汚染してしまい、ネズミがダニに元となる二次被害や食中毒の原因となってしまうことも考えられます。
ネズミ駆除を行なうことによってこれらの原因を取り除くことができます。ネズミ駆除の対策としては、ネズミを捕獲するためのカゴや圧殺式捕鼠器などが効果的だとされており、とくに粘着シートのねずみ捕りは作業が簡単で、捕獲したネズミの処理も衛生的に行なうことができます。
殺鼠剤を使っての駆除は、まず無害なエサを与えてネズミをえさ場と認識させます。ネズミが餌に食べ慣れてきたら毒餌を混ぜて駆除していきます。毒餌を作るときには、安全のために手袋やマスクを着用して行ないます。
このような駆除を行なった後は、侵入を予防していくことも大切です。残飯整理や食べ物の屑の後片付けなど餌になるものの処分をきちんと行ない、侵入されないように侵入口となっている穴や隙間、割れ目など金網や防鼠パテ、鼠返しなどを仕掛けておくことが良いとされています。また、ネズミの巣の材料となる布や新聞紙などの整理も行なっておくことも重要となります。