マカサプリを飲むのを避けたほうがいい人

 

近年では、さまざまなストレスを抱えて体調不良に陥っている方が幅広い世代で増えています。寝ても疲れがとれない、倦怠感やめまいなどの症状に悩んでいる人も多く見られ、マカに含まれる成分が大きな注目を浴びているのです。マカに豊富に含まれているビタミンB1は、疲労回復や筋力低下、うつ症状などの改善に高い効果が期待されています。マカサプリを毎日摂取することによって、健康的な体に近づいていきます。
しかし、マカサプリを飲むのを避けたほうがいい人もいます。マカを過剰に摂取しすぎたり、それぞれの体質やその時の体調によってはマカの副作用がでることもあります。マカはアブラナ科に属する野菜ですので、キャベツなどの野菜に食物アレルギー反応が出る人は、避けたほうが無難です。また、アレルギーではなくても、生の新鮮なマカは消化吸収が難しいため、下痢や膨満感など不快な症状がでてしまうこともあります。
さらに、マカサプリは、男性ホルモンの増加を促すため、ニキビが増加するリスクも挙げられます。ホルモンのバランスが悪くなり、頭痛や不眠などを発する場合もあります。このように、体に良いとされるマカサプリは、体質や体調などによっては、避けたほうが安心なケースもあるのです。